利用実績次第で大きく借りられる

消費者向けのカードローンサービスは基本的に少額での融資となりますが、何もずっと少額でしか借りられないわけではありません。どのカードローンでも利用実績によって限度額の増額がされる場合があるので、初回契約時には大きな金額が借りられないとしても、実績を重ねることで次第に大きな金額が借りられるようにもなって行くのです。

 

特に銀行のカードローンでは最大限度額が大きく設定されているため、利用実績を重ねると数百万円での借り入れも可能となるケースがあります。初回では数十万円の限度額であっても、収入や返済、他社の利用状況次第では限度額が大きく増えるのです。

 

限度額が増えればそれだけ大きな金額が借りられるようになりますが、メリットは借り入れ金額が大きくなる点だけではありません。限度額が大きくなると金利も応じて下がる場合が多いため、大きな限度額での契約は借りる金額が少額であるとしても金利が下がっていくのです。

 

カードローンの限度額はあくまで借りられる限度であるため、何も全額を借りる必要はありません。10万円しか借りない予定でも限度額が100万円のときと300万円のときでは適用される金利は大きく異なる場合があるため、限度額が拡大できるのであれば増やしておいて損はありません。

 

ただ、限度額の増額を実現するためにはしっかりとした収入や利用実績が必要不可欠となるため、返済に遅れるようなことなく利用を進めるようにしてください。詳しくはカードローンの限度額増額に書かれているので、増額に関して知りたい方はよく見ておくと良いでしょう。